CASE

導入事例
グリーンバブルウォーター

アクリル製品のお手入れにおススメ! GBW

2021/06/07
豆知識

透明感のあるアクリルは、美しい光沢や透明感がその魅力です。ですが、指紋や手垢などの汚れがとても目立ってしまうのが泣きどころ…。飛沫感染防止のためのアクリルパーテーションに至っては、汚れをオフするだけでなく、除菌もしっかりしておきたいですよね?

手垢や指紋が残っていたり、ホコリが付着していたり、特に飲食店では飛沫した油成分が付着して曇っていたりと、アクリルの汚れは目に付きます。

そんなアクリルを、清潔で透明感のあるクリアな状態に保つのに、適したお手入れ方法をご紹介します。

アクリルのお掃除のコツ

アクリルのお手入れには、GBWがおススメです。1ミリの1000分の一サイズの超微小な泡(UFB/ウルトラファインバブル)を含んだスーパーアルカリイオン水/GBWは、アクリルに傷を付けることなく、掃除と同時に除菌もでます。アクリルの汚れを落としてピカピカ!綺麗になるだけでなく感染防止につながります。

アクリルはガラスと比べて柔らかく、傷がつきやすいので、力任せに拭いたり、ごみが付着した汚れた布で拭いたりすると傷になることも…。アクリルの表面に硬いものが付着している場合は、引きずらないよう注意しながら優しく取り払っておきましょう。

そして、GBWの原液を吹き付けて30秒ほど待ちます。そのあと、乾いた柔らかい布などで拭き取ると、合成界面活性剤や化学物質を含まないので虹跡が残らずクリアな透明感を実感できます。二度拭き不要で、アクリルのお掃除が楽々簡単にできます

GBWには、静電気防止効果もあるので、汚れの付着防止にもなり一石二鳥です。

【お掃除のポイント】

  • アクリル表面に付着した硬いものは、事前に取り払っておきましょう。
  • こびりついた汚れは、キッチンペーパーなどにGBWを十分に含ませ、パッッティングをしてしばらく待ちましょう。汚れが浮き上がってきたところで、優しく汚れを取り除きます。
  • GBWを吹き付けてから拭き取る、もしくは布・タオルなどにGBWを十分に拭き付け湿らせてから拭き取りましょう。
  • 拭き取りには、柔らかいきれいな布、タオルなどを用います。力任せに、こすり過ぎないよう加減しましょう。
  • 乾いた硬い布、タオル、ペーパーなどでいきなり拭くと、表面に細かな傷が出来てしまう原因になるので、避けましょう。

 

アクリルのお手入れにNGなものとは?

アクリルは、アルコールやエタノール、シンナーに弱く、これらを吹きかけると、薬品による白化や、クラック(割れ)が生じることがあります。一度割れてしまうと修復することは出来ないので注意が必要です。アルコールやエタノール、シンナーは使用しないようにしましょう

ガラス専用クリーナーも、同様に使用を避けましょう

アクリル製品は、軽さや割れにくさなど、その扱いやすさから、戸棚の扉に使われたり、コレクションケースに使われたりと、家庭内でも多く用いられている素材です。

飲食店や受付カウンターなどでも、新型コロナウイルス飛沫感染防止対策として、いたるところにアクリル板(パーテーション)が設置されています。購入したパーテーションを設置して終わりでなく、できる限り清潔な状態で長く使用するために、定期的なお手入れを心がけてみてはいかがでしょうか。

GBWはお手入れと同時に除菌もできます。ご家族や従業員、お客様の安心・安全に、是非お役立てください。

GBWで、アクリル製品をクリアな状態に保って、ピカピカ! お掃除あとの気持ち良さを実感してみてくださいね!